観桜(令和4年6月28~29日掲載分)


◎ 観桜(令和四年六月二十八~二十九日掲載分)
● 令和四年六月二十八日 火曜日
○ 四月日々折々 その十 観桜
《今回の自選代表句と自句自解》

春の旅横看板にようこそと 

 春の朝、権現堂バス停バスを降りて、いよいよ権現堂公園内の桜堤へと向かった。ワクワクする。坂を登ると堤の道にゲイト上の横看板が設置されていた。横看板には、「ようこそ幸手権現堂桜堤へ 県営権現堂公園」と記されていた。ここでも、歓迎されていることを実感した。

(四月上旬 埼玉県の幸手権現堂桜堤の花見と幸手宿 その十)
ここ幸手桜堤の東端
春の旅東端口に看板が
春の旅横看板にようこそと 
※横看板にようこそ・・・横看板には、「ようこそ幸手権現堂桜堤へ 県営権現堂公園」と記されている。
お花見に東端より園内へ
お花見やここから四号公園に
㊟権現堂四号公園・・・幸手権現堂桜堤(4号公園)のこと。
 関東の桜の名所として有名な幸手権現堂桜堤は、約1000本のソメイヨシノが1kmにわたって咲き誇り、堤の周辺の菜の花とのコントラストは 見事で、花見を楽しむ来園者で賑わいます。 また、6月には色とりどりの紫陽花、9月には真っ赤に染まる曼珠沙華(彼岸花)、1月には白い可憐な水仙が見ごろを迎え、 1年を通して権現堂桜堤をお楽しみいただけます。(県営権現堂公園HPより転載)
⦿「権現堂四号公園について」《治蝶の俳句の散歩道(ちょっといい話 その千五十》
権現堂園内に入り観桜す
公園の入口付近花満開
公園の堤の桜は満開に
権現堂堤の桜は満開に
満開や権現堂の花眩し 
老夫婦権現堂の花眩し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 令和四年六月二十九日 水曜日
○ 四月日々折々 その十一 花
《今回の自選代表二句と自句自解》

権現堂堤は花のトンネルに 
満開や権現堂の花眩し 

 四月上旬、妻と埼玉県の幸手権現堂桜堤のお花見に出掛けた。幸手駅から朝日バスに乗車し、権現堂バス停に向かった。満席の花見客は、マスク越しにおしゃべりをする人が多かった。行きの無言の電車内とは正反対であった。お花見前に心が弾むのであろう。
 権現堂バス停バスを降りて、いよいよ権現堂公園内の桜堤へと向かった。ワクワクする。
 桜堤への坂を上る。するとすぐ目の前に、桜のトンネルが・・・。見事というしかない。桜のトンネルというよりむしろ桜のドームとなっている。花が眩しい。感嘆!

(四月上旬 埼玉県の幸手権現堂桜堤の花見と幸手宿 その十一)
桜堤入口は花のトンネルに
権現堂堤は花のトンネルに 
※ ブログ「治蝶の俳句関連写真集」の「続・春の写真」の「 幸手権現堂桜堤のお花見」(令和四年四月上旬)に「幸手権現堂桜堤の桜のトンネル(埼玉県幸手市)」の写真を掲載しています。ご覧頂ければ幸いです。
満開や権現堂の花見事
満開や権現堂の花眩し 
桜堤カメラ構えて「はいパチリ」
花並木カメラ構えて「はいパチリ」
桜堤カメラ構えて写真撮る
花並木カメラ構えて写真撮る
花の雲ファインダーをはみ出して
権現堂桜並木を連写して
権現堂桜堤を連写して

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント