飯島治蝶の俳句ブログ(大人気・上位ランキング中)

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱燗 (平成29年3月4〜5日)

<<   作成日時 : 2017/03/04 01:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


◎ 平成二十九年三月四〜五日 熱燗

● 平成二十九年三月四日 土曜日
○ 十二月日々折々 その二十四 熱燗

《今回の自選代表二句と自句自解》

忘年会話題の尽きない旅仲間  

 旅仲間は、定刻前に七人勢ぞろいした。秋に会津の旅を共に楽しんだ仲間たちとの忘年会が始まった。付き合いの長い仲間たちとの話題は、とどまることを知らない。旅での車中と同じだ。誰かしかしゃべっている。話題に事欠かない。

冬の夜「良いお年を」と別れけり  

 秋に会津を旅した旅仲間が七人勢ぞろいして始めた忘年会も三時間ほどでお開きになった。冬の夜、「良いお年を」と声を掛けながら皆と握手して別れた。

(十二月中旬 旅仲間の忘年会B)
忘年会仲間と日本酒酌み交わし
仲間らと旨き熱燗のコップ酒 
幾種もの肴を摘みに熱燗を 
忘年会主な話題は旅のこと
忘年会仲間の話題は次つぎと
忘年会話題の尽きない旅仲間  
忘年会次つぎ注文酒・肴
熱燗やフライドポテトを摘みつつ
忘年会予定時間を延長し
忘年会仲間と最後にお茶漬けを
忘年会頃合を見てお開きに 
旅仲間三時間超えの忘年会
冬の夜また来年と握手して
冬の夜「良いお年を」と別れけり  
冬の夜柏駅にて別れけり
冬の夜電車に乗りて家路就く
冬の夜地上にイルミ空に月
十二月地上にイルミ空に月
冬の夜月を愛でつつ家路就く

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 平成二十九年三月五日 日曜日
○ 十二月日々折々 その二十五 十二月

《今回の自選代表二句と自句自解》

冬の会合唱「高校三年生」  

 十二月中旬に、松戸民演連盟主催の松戸民演発表会が開催された。オープニングの合唱曲は、歌手舟木一夫の「高校三年生」であった。出演者たちと観客全員で合唱した。

発表会「風邪をひいた」と言う司会  

 十二月中旬に、松戸民演連盟主催の松戸民演発表会が開催された。年配の司会者が、風邪をひいた声でお聞き苦しい点を詫びてから司会進行した。

(十二月中旬 松戸民演発表会@)
十二月民演発表会を観に
㊟民演発表会・・・松戸民演発表会
平成28年12月の催し物 13日 火曜 松戸民演発表会 開演 午前11時 主催 松戸民演連盟(松戸市HPより転載)
冬の日に民演発表会を観に
冬の日に歌と踊りの発表会
冬の日に歩いて市民会館に
冬の会受付にて受くプログラム
冬の会開演前に座席つく
冬の会席に観客百数十
冬の会開演知らせるブザー音 
十二月の発表会は定刻に
冬の会会長一言挨拶し
冬の会次に全員合唱す
冬の会オープニングに合唱す
冬の会合唱「高校三年生」  
㊟「高校三年生」・・・「高校三年生」(こうこうさんねんせい)は、1963年6月にリリースされた舟木一夫のデビューシングルであり、舟木の代表曲のひとつである。作詞は丘灯至夫、作曲は遠藤実による。デビューシングルでいきなりシングル発売1年で売上100万枚を越す[1]大ヒット曲となり、舟木一夫はこの曲で一躍スター歌手となった。累計売上は230万枚[2]。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)
※ ブログ「治蝶の俳句関連写真集」の「続・冬の写真」の「十二月中旬 松戸民演発表会」に「オープニングの全員合唱」の写真を掲載しています。ご覧頂ければ幸いです。
冬の会我も自席で歌うたう
冬の会合唱終えて拍手湧く
冬の会合唱終えて歌謡の部
発表会「風邪をひいた」と言う司会  
冬の会着物姿の出演者
冬の会出演者たち次つぎと
冬の会なかに「南部蝉しぐれ」
㊟「南部蝉しぐれ」・・・「南部蝉しぐれ」(なんぶせみしぐれ)は、2012年10月24日に発売された福田こうへいの1stシングル。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熱燗 (平成29年3月4〜5日) 飯島治蝶の俳句ブログ(大人気・上位ランキング中)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる