夏燕 (令和2年7月14~15日掲載分)


◎ 夏燕 (令和二年七月十四~十五日掲載分)
● 令和二年七月十四日 火曜日 
○ 五月日々折々 その十九 夏燕
《今回の自選代表句と自句自解》

威勢よく青を切り裂く夏燕 

 よく晴れてた初夏の朝、二羽の燕が勢いよく飛び交っている。虫でも追っているのであろうか。この時期の子燕にしては大きい二羽の燕が飛び交っている。おそらく番いの燕であろう。

(五月中旬 日常生活⑤)
元気よく青空飛び交う夏燕
青を背に夏空飛び交う燕たち
夏空を番いの燕飛び交えり
威勢よく青空切り裂く夏燕
威勢よく青を切り裂く夏燕 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 令和二年七月十五日 水曜日 
○ 五月日々折々 その二十 薔薇
《今回の自選代表句と自句自解》

行く道やバラの花愛で江戸川へ 

 よく晴れた五月中旬の某日。江戸川松戸フラワーラインのポピー鑑賞に出掛けた。行く途中で、見事な赤い薔薇の花を見かけた。しばらく薔薇を鑑賞した。やはり真っ赤な薔薇は魅力がある。そして、江戸川の川堤へと歩を進めた。

(五月中旬 江戸川松戸フラワーラインのポピーの花畑①)
ここ松戸今日は朝から五月晴
初夏の日にフラワーライン散策へ
※フラワーライン・・・ここでは、江戸川松戸フラワーラインのこと。
江戸川松戸フラワーラインは、松戸市の上葛飾橋の下流側の江戸川河川敷にある広さ約2ヘクタールの花畑です。(関東・甲信越 お花見スポットガイドより転載)所在 千葉県松戸市古ケ崎地先(江戸川河川敷 上葛飾橋下)
◎「江戸川松戸フラワーラインについて」《治蝶の俳句の散歩道(ちょっといい話 その七百十五)》
初夏の朝カメラ手にして江戸川へ
川へ行く道の途中に薔薇の花
目の前の真紅の薔薇は魅力的
目の前の真紅の薔薇に魅了され
行く道やバラの花愛で江戸川へ 
行く道やバラの花愛で江戸川に
行く道の赤きバラ愛で川堤

"夏燕 (令和2年7月14~15日掲載分)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント