大寒(令和3年4月4~5日掲載分)


◎ 大寒(令和三年四月四~五日掲載分)
● 令和三年四月四日 日曜日  
○ 一月日々折々 その六 大寒
《今回の自選代表句と自句自解》

大寒に写真の真白き富士鑑賞 

 一月二十日。冬晴れの大寒の日に、富士百景写真展の作品を鑑賞した。冬晴れの青空のもとの真白き富士山は、雄大で美しい作品であった。冬晴れ大寒の日の今日と思いが重なった作品である。他にも感動的な作品が多々あった。まさに力作ぞろいであった。感動と感謝の写真展であった。合掌。

(一月中旬 「富士百景写真展」)
よく晴れて大寒らしき低温に
全国で暦通りの大寒に
大寒にいそいそ出掛ける写真展
㊟大寒・・・大寒(だいかん)は、二十四節気の第24。十二月中(通常旧暦12月内)。
現在広まっている定気法では太陽黄経が300度のとき(黄道十二宮では宝瓶宮の原点に相当)で1月20日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。平気法では冬至から1/12年(約30.44日)後で1月20日ごろである。期間としての意味もあり、1月20日~2月3日まで、すなわちこの日から、次の節気の立春前日までである。(Wikipediaより転載)
◎「大寒について」《治蝶の俳句の散歩道(ちょっといい話 その八百十二)》
冬晴の日松戸市文化ホールへと
マスクして松戸市文化ホールへと
徒歩で行く冬開催の写真展
大寒に富士百景の写真展
※富士百景の写真展・・・【第48回 富士百景写真展2021】
日時/1月19日(火)~24日(日)10:00~18:00(初日正午~、最終日~16:00)
場所/松戸市文化ホール(松戸市松戸1307-1 松戸ビルヂング4階)
内容/富士山を愛する写真家40人による厳選の78作品が展示
コロナ禍の中であっても変わらない、雄大で美しい富士山。
40人の富士山愛好家が撮影したその姿は、さまざまな表情があり、見る者を魅了します。新作から蔵出し作品 まで78作品を展示(1/13(水) 17:29配信 ちいき新聞より転載)
冬の日に受付済ませ写真観る
コロナ渦で写真の富士観る大寒に
写真家の富士山鑑賞大寒に
厳選の写真の富士観る大寒に
雄大な写真の富士観る冬の晴
大寒に写真の真白き富士鑑賞 
大寒に真白き富士観る写真展
冬晴の真白き富士観る写真展
冬の晴力作揃いの写真展
※ ブログ「治蝶の俳句関連写真集」の「続・冬(新年)の写真」の「富士百景写真展」(一月中旬)に『「第48回 富士百景写真展2021」会場(松戸市文化ホール)』の写真を掲載しています。ご覧頂ければ幸いです。
大寒に四季折々の写真見る
コロナ渦を暫し忘れる冬の展
コロナ渦暫し楽しむ冬の展
冬晴の陽射しを背にして家路就く
冬晴の陽射しを背にして就く家路

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 令和三年四月五日 月曜日  
○ 一月日々折々 その七 一月
《今回の自選代表句と自句自解》

一月に就任バイデン大統領

米民主党のジョー・バイデン(Joe Biden)新大統領(78)が、20日正午前(日本時間21日午前2時前)、首都ワシントンで開かれた就任宣誓式で、職務の遂行と合衆国憲法の堅持を宣誓し、第46代大統領に正式に就任した。また、その後の演説では、「米国の結束」をテーマに演説し、新型コロナウイルス危機と深刻な社会分断の克服を呼びかけた。また、米ワシントンの連邦議会議事堂前で、平和を象徴した金色の鳩をドレスに付け、米国の国歌を歌ったシンガーソングライターのレディー・ガガ(Lady Gaga)も印象的であった。
なお、同日に退任したトランプ前大統領(共和)は就任式を欠席した。これらの様子はライブ中継され私も日本では深夜であったが、米国第46代大統領の就任式の目撃者の一人となった。

(一月下旬 日常生活①)
一月に就任バイデン大統領
※就任バイデン大統領・・・バイデン新大統領が正式就任 史上最高齢 民主党、4年ぶり政権返り咲き
 米民主党のジョー・バイデン新大統領(78)が20日正午前(日本時間21日午前2時前)、首都ワシントンで開かれた就任宣誓式で、職務の遂行と合衆国憲法の堅持を宣誓し、第46代大統領に正式に就任した。史上最高齢での就任。副大統領には女性として初めて黒人のカマラ・ハリス氏(56)が就いた。民主党は4年ぶりの政権返り咲き。バイデン氏の任期は2025年までとなる。(毎日新聞より転載)
一月の深夜ライブの中継を
一月の深夜ライブの放送を
一月にバイデン就任宣誓式
一月のライブの放送深夜見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント