冬日和(令和3年2月23~24日掲載分)


◎ 冬日和(令和三年二月二十三~二十四日掲載分)
● 令和三年二月二十三日 火曜日 
○ 十一月日々折々 その四十七 枯薄
《今回の自選代表二句と自句自解》

冬旅に七重塔の模型観る 
冬うらら往時の栄華に思い馳せ 

 十一月中旬の国分寺の旅。お鷹の道に隣接する施設「武蔵国分寺資料館」に寄り、史跡武蔵国分寺跡の出土品などの展示を鑑賞した。その中には、国分寺の復元模型もあった。奈良時代当時のイメージが湧く。往時の栄華に思いを馳せた。

(十一月中旬 国分寺散策 その四十一)
冬の旅史跡の駅に立ち寄って
冬の旅「おたカフェ」に寄り券購入
冬の旅歩いて近くの資料館
旅先の資料館脇に冬紅葉
旅先の資料館傍に枯薄
冬旅に立ち寄り見学資料館
冬の旅資料館に入り鑑賞す
※資料館・・・ここでは、武蔵国分寺資料館のこと。
冬旅に国分寺跡資料館
㊟国分寺跡資料館・・・ここでは、武蔵国分寺跡資料館のこと。
 「見る」・「学ぶ」・「訪ねる」をコンセプトにした資料館です。おもに史跡武蔵国分寺跡の出土品を展示して、これまでの発掘調査の成果や、市内の文化財、史跡武蔵国分寺跡の整備事業などを紹介しています。(国分寺境内)(国分寺市役所HPより転載)お鷹の道に隣接する施設。出土品などが展示されているほか、長屋門の内部を見学できる。
(注1)国分寺跡資料館前の庭に、1/10スケールの七重塔の復元模型がある。
(注2)お鷹の道沿いにあり、武蔵国分寺跡資料館や長屋門、七重塔模型などが敷地内にある有料の歴史公園です。園内にある湧水源保全地区は立ち入ることはできませんが、湧水源観察ポイントからは流れ出る湧水や周辺の豊かな緑の原風景をみることができます。(古代の東京にタイムスリップ!サイトより転載)
◎「国分寺跡資料館について」《治蝶の俳句の散歩道(ちょっといい話 その七百九十三)》
冬旅に七重塔の模型観る 
冬うらら往時の栄華に思い馳せ 
冬旅に頂くカタログ・パンフレット

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 令和三年二月二十四日 水曜日 
○ 十一月日々折々 その四十八 冬日和
《今回の自選代表句と自句自解》

冬の旅歴史ロマンにどっぷりと  

 十一月中旬の国分寺の旅。お鷹の道に隣接する施設「武蔵国分寺資料館」に寄り、史跡武蔵国分寺跡の出土品などの展示を鑑賞した。その中には、国分寺の復元模型もあった。奈良時代当時のイメージが湧く。往時の栄華に思いを馳せた。
 僧寺の全容が明らかになり、歴史のロマンを感じる。当時いかに仏教の興隆に力を入れていたかが理解できた。

(十一月中旬 国分寺散策 その四十二)
冬旅に妻連れ展示室巡り
国分寺のジオラマ鑑賞冬旅に
冬旅に国分寺模型鑑賞す
冬灯下国分寺模型鑑賞す
冬旅に復元模型鑑賞す
冬の旅僧寺に全容明らかに
冬日和僧寺に全容明らかに
冬の晴僧寺に全容つまびらか
冬旅に観音菩薩像鑑賞
※観音菩薩像・・・「銅像観世音菩薩像」は、小品であるが白鳳期後期に制作されたものと言われ、関東では最も古い白鳳期の仏像だと言われている。
冬の旅像の近くにブラタモリ
※ブラタモリ・・・NHKでオンエアされた「ブラタモリ国分寺~遺跡編」で、このあたりが紹介された。
㊟ブラタモリ・・・『ブラタモリ』(英称:BURATAMORI、通称:ブラタモ)は、NHK総合テレビで2008年から断続的に放送されている日本の紀行・教養バラエティ番組。司会を務めるタモリの冠番組でもある。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)
◎「ブラタモリについて」《治蝶の俳句の散歩道(ちょっといい話 その七百九十四)》
冬の旅展示に石斧・土器・硯(すずり)
冬の旅出土の瓦展示され
※瓦展示・・・男瓦(おがわら)・女瓦(めがわら)・鐙瓦(あぶみがわら)・宇瓦(のきがわら)など
冬の展瓦に郡と人の名が
冬の旅展示に板碑・農耕具
冬の旅展示に古代のレンガ「磚(せん)」
国分寺見どころ多き冬の旅
いくつもの歴史重なる冬の旅
冬の旅歴史ロマンにどっぷりと 
冬麗歴史の浪漫楽しめり