飯島治蝶の俳句ブログ(大人気・上位ランキング中)

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜桜 (平成29年5月15〜16日)

<<   作成日時 : 2017/05/15 02:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


◎ 平成二十九年五月十五〜十六日 夜桜

● 平成二十九年五月十五日 月曜日 
○ 四月日々折々 その二 春の夜

《今回の自選代表二句と自句自解》

春の宵闇に篝火あかあかと 

 夜桜コンサートの会場の西蓮寺。春の宵闇が深まり、篝火があかあかと見え始めた。

ステージで「夜桜きれい」と演奏者 

 夜桜コンサートの会場の西蓮寺。定刻に始まり、篠笛奏者の井上 公平氏が演奏しながらステージに登場した。曲を披露した後、あいさつのなかで、井上氏は、「夜桜がきれいですね」と語った。夜桜コンサートの雰囲気が一挙に盛り上がった。

(四月上旬 夜桜コンサートA)
春の宵闇に篝火あかあかと 
夜桜や六時より野外演奏会
桜愛で鑑賞野外演奏会
春の会女性司会者「開会」と
夜桜や篠笛の音境内に
㊟篠笛・・・篠笛(しのぶえ)は日本の木管楽器の一つ。篠竹(雌竹)に歌口と指孔(手孔)を開け、漆ないしは合成樹脂を管の内面に塗った簡素な構造の横笛である。伝統芸能では略して「笛」や「竹笛」と呼ばれることも多い。尺八やフルートと同じく「エアリード楽器」に分類される。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)
春の会井上公平境内に
春の会井上公平笛奏で
㊟井上・・・井上 公平 KOHEI INOUE
◆主な音楽活動・受賞歴
井上良平、井上公平の双子ユニット「AUN(あうん)」
カーネギーホール公演(4回)。グアテマラ・アンティグア(世界遺産) 、アトランタFOXシアター、エミー賞授賞式、世界遺産熊野古道、平等院鳳凰堂、 蔵王堂でのライブ。 天皇陛下即位10周年記念ライブ、天皇皇后両陛下、皇太子殿下ご臨席の行事にて演奏。 アメリカ・ヨーロッパ・アジア・北欧・中近東・南米など、世界40ヶ国以上で公演。
◆プロフィール
18歳の時、世界ではじめて和太鼓を広めた鬼太鼓座に参加。数年後には、 全米一周1万5千キロという距離を3年かけてマラソン走破し、300回以上のステージをこなす中、4回のニューヨークカーネギーホール公演を成功させる。 12年間、座の中心的プレイヤーとして世界各地20カ国、国内外で1000回を超える公演活動を行う。
 2000年、新しい表現を求め、AUNを結成。 全国61カ所ツアーを皮切りにBMG JAPANからアルバム2枚、DVD1枚を制作。2006年、日本文化継承を伝える活動をニューヨークに広げ、マンハッタンでのライブ活動や、全米各地のフェスティバルへ参加。その年には外務省に招聘され、南米ガテマラ、コスタリカ、コロンビア・ツアーも展開。その年には、国土交通省「ビジットジャパン・キャンペーン」をプロデュース。そのテーマソングを作曲、演奏も行い、日本の伝統を和楽器音楽を通じて世界に発信することに軸足を置き始める。そして、2008年、和太鼓アーティストとして活躍するAUNの良平と公平が、箏や尺八などの若手実力派の和楽器奏者とともに『AUN J (あうんじぇい)クラシック・オーケストラ』を結成。『もっとポピュラーに、もっとシンプルに、もっとかっこよく。』をテーマに、和楽器の可能性を表現し、世界へ向けて活動中。2012年文化庁から文化交流使に任命され、アジア10各国ツアーを成功させる。「桜プロジェクト」として2010年から全国の小学校へ和楽器の演奏と桜の植樹を行っている。現在100校以上の小学校へ訪問。
ソロ活動では、波乗りをしながら、湘南を中心に篠笛アーティストとして活動中、2011年にオリジナルアルバム「SUNRISE」を発表、第2弾となるアルバムを今夏発表予定。鎌倉妙本寺、鎌倉じゃず祭、湘南のライブハウスやカフェなどでWacoustic Music(和コースティック)と題して、和楽器とアコースティック楽器との融合音楽を目指し、和楽器の可能性を感じさせる音作りをしている。(www.aunj.jp/jpn/member/profile/kohei.htmlより転載)
★AUN&HIDEは平成23年度「文化庁文化交流使」に任命されています。
日本の文化交流使として世界へ和楽器を発信しています。
Profile
「音楽に国境はない。しかし国籍はある」という思いから、和楽器の可能性を追求し、世界に向けて発信している良平と公平は、和太鼓、三味線、篠笛を奏でる双子ユニット「AUN(あうん)」において精力的に活動を行っている。2009年には、AUNが邦楽界で活躍する若手ミュージシャンを集めて、もっとポピュラーに、もっとシンプルに、もっとかっこよく和楽器の素晴らしさをアピールしていくプロジェクト「AUN J クラシック・オーケストラ」を結成し、国内外で演奏活動を行っている。伝統的な和楽器の特色を生かしつつ、現代の人々の感性と融合させた彼らの活動は、日本から世界へ新しい音楽史を紡ぐフロントランナーの役割を担っている。(AUN&HIDE Official Web Site より転載)
◎『井上良平、井上公平の双子ユニット「AUN(あうん)」』《治蝶の俳句の散歩道(ちょっといい話 その百九十六)》
春の夜公平通路より壇へ
春の会やがて鼓との共演に
春の会強弱・緩急演奏に
春の夜境内に笛と鼓の音
夜桜を愛で聴く和楽器演奏会
ステージで「夜桜きれい」と演奏者 
春の会続いて三味と太鼓の曲
春の会強弱・長短演奏に
客席より手拍子の湧く春の会
春の会曲に合わせて手拍子が
春の会迫力のあるステージに
春の会登場女性の二胡奏者
春の夜胡弓の奏者チャイナ服
春の夜服のスリット艶めかし

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 平成二十九年五月十六日 火曜日 
○ 四月日々折々 その三 夜桜

《今回の自選代表二句と自句自解》

夜桜に胡弓の調べ流れゆく 

 夜桜コンサートの会場の西蓮寺。桜満開の境内に二胡の調べが、穏やかに流れてゆく。

夜桜や着物の奏者艶やかに 

 夜桜コンサートの会場の西蓮寺。和服の琴奏者が登場し、艶やかな雰囲気となった。

(四月上旬 夜桜コンサートB)
春の会「久遠の河」の二胡演奏
※ 「久遠の河」・・・映画「レッドクリフU」の主題歌
夜桜に胡弓の調べ流れゆく  
春の夜に登場和服の琴奏者
夜桜や着物の奏者艶やかに 
春の会「祭りの太鼓」の琴演奏
※ 「祭りの太鼓」・・・筝曲 「祭りの太鼓」 作曲 宮城道雄
境内に琴の音響く春の夜
春の会さらに加わるピアニスト
春の夜に二胡・琴・ピアノのアンサンブル
春の会にシンセサイザー・キーボード
春の会二胡・琴・ピアノの合奏を
春の会続いて二胡の定番曲
春の会「賽馬」にピアノ・二胡・太鼓
※ 「賽馬(さいま)」・・・中国の定番二胡曲
春の会胡弓の響きにある緩急
春の会舞台の奏者に大拍手
春の夜にアンサンブルの「涙そうそう」
※ 「涙(なだ)そうそう」・・・作詞  森山良子
春の会途中で井上再登場
春の会井上公平笛を手に
春の会公平加わりアンサンブル
春の夜に五人舞台で生演奏
春の夜に曲の演奏次つぎと


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夜桜 (平成29年5月15〜16日) 飯島治蝶の俳句ブログ(大人気・上位ランキング中)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる