飯島治蝶の俳句ブログ(大人気・上位ランキング中)

アクセスカウンタ

zoom RSS 春めく (平成29年4月13〜14日)

<<   作成日時 : 2017/04/13 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


◎ 平成二十九年四月十三〜十四日 春めく

● 平成二十九年四月十三日 木曜日
○ 二月日々折々 その十一 春めく

《今回の自選代表二句と自句自解》

春めくや多彩な衣装の乙女たち  

 よく晴れた春の日に開催された「NHK福祉大相撲」。第二部の「お楽しみ歌くらべ」にカラフルなコスチュームを着た五人組の乙女たちの「チームしゃちほこ」(略称はしゃちほこ)がステージに登場し、一挙に国技館が華やかに春めいた。「チームしゃちほこ」については、後述。

春うらら振袖姿の女性歌手

 よく晴れた春の日に開催された「NHK福祉大相撲」。アイドルグループ「しゃちほこ」に続いて、紅い振袖姿の女性歌手丘みどりが登場し、より春めいて麗らかな雰囲気にさえなった。丘みどりについては、後述。

(二月中旬 隅田散策と第50回「NHK福祉大相撲」など その十)
春の午後次は「お楽しみ歌くらべ」
春の会次は「お楽しみ歌くらべ」
※「お楽しみ歌くらべ」・・・力士と女性歌手が一緒に歌う、NHK福祉大相撲の人気 プログラム。
出演者
・歌手・・・丘みどり 伍代夏子 チームしゃちほこ 天童よしみ 夏川りみ 西田あい 
・力士・・・横綱白鵬、日馬富士、鶴竜、大関照ノ富士、勢、高安
(尚、「お楽しみ歌くらべ」では読者にわかりやすくするため表現上、時系列を一部意図的に変えているところがあります。 治蝶)
春の日の 「歌くらべ」司会 藤井アナ
㊟藤井アナ・・・藤井 康生(ふじい やすお、1957年1月7日 - )はNHKのエグゼクティブ・アナウンサー。
 大相撲アナウンサー[編集] 入局後からスポーツ担当アナウンサーとして活動。特にメインで取り組んでいる分野は大相撲。福岡勤務時は九州場所担当として、名古屋異動直後は50回目の節目を迎えた名古屋場所の担当としてそれぞれ全国のアナウンサーをまとめ上げた。
 また、正面解説・北の富士勝昭(元横綱)、向正面解説・舞の海秀平(元小結)の3人は“ゴールデントリオ”と言われ、昨今では各場所初日か千秋楽の中継でこのトリオで放送が進められることが多い。(中略)
エピソード[編集]
・1996年のアトランタオリンピックで女子マラソンの競技終了後の選手インタビューを担当し、銅メダルを獲得した有森裕子(リクルート)の「自分で自分を褒めたいと思います」というコメントを引き出したことで知られる[1]。
・2007年第52回有馬記念のテレビ実況では、内からスルスルと伸びてくるマツリダゴッホの姿に、思わず「祭りだ、祭りだ、マツリダゴッホ!!」と流れるように連呼し、中継解説をしていた鈴木康弘調教師が思わず吹き出してしまうハプニングがあった。
・好角家で知られるデーモン閣下のことを「デーモンさん」と呼んでいる数少ない人物である。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)
・NHKアナ「はっきり誤審」/秋場所
<大相撲秋場所>◇初日◇9日◇東京・両国国技館
 大関把瑠都(27=尾上)と幕内魁聖(25=友綱)の一戦は、微妙な判定で明暗が分かれた。土俵際で上手投げを仕掛け、最後まで左足を俵に残していた把瑠都に対し、魁聖の体が先に落ちたようにも見えたが、軍配は魁聖に。物言いもつかない結末に勝った魁聖が「負けたと思った。先に落ちたと思ったんでびっくりした」と驚きの声をあげた。
 一方、負けた把瑠都は苦笑いで「勝ったかなと思った。(左足は)俵の上に乗ってたから。相手の手がつくのも分かった。物言いもついてなかったので『えっ』と思った」と話した。
 ビデオで確認した中継局NHKの藤井康生アナが思わず「はっきりと誤審と言っていいくらいの相撲」と言うほどで、取組後は協会にも視聴者から抗議の電話が届いた。北の湖理事長(元横綱)は「まあ際どかった。確認があっても良かったな」と話したものの、鏡山審判部長(元関脇多賀竜)は「(把瑠都の)体が半分出ていた。後でゆっくりビデオを見るわけにはいかないから」と“問題なし”を強調していた。[2012年9月10日10時54分 紙面から]
◎「藤井康生アナのエピソード」《治蝶の俳句の散歩道(ちょっといい話 その百八十八)》
春の会脳裏にアナのエピソード
春の会ステージ上へ歌手・力士  
前半は歌のデュエット春の会
春の会ステージ上に一組(ひとくみ)目
春の会トップは「しゃちほこ」照ノ富士
春の会舞台に「しゃちほこ」照ノ富士
㊟「しゃちほこ」・・・チームしゃちほこは、スターダストプロモーションに所属する名古屋在住の女性タレントで結成された日本の女性アイドルグループである[1]。略称はしゃちほこ。「ももいろクローバーZ」、「私立恵比寿中学」、 「たこやきレインボー」の姉妹グループ[2]。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)メンバー…秋本帆華・咲良菜緒・ 大黒柚姫・坂本遥奈・伊藤千由李の五人組
春の会「しゃちほこ」綺麗なコスチューム
「しゃちほこ」は春めく色のコスチューム
春めきて乙女らの衣装色とりどり 
春めくや多彩な衣装の乙女たち  
春めくや乙女の五人ステージに 
春めくや五人の乙女らステージに 
春うらら「しゃちほこ」大関歌う「恋」
春の会デュエットで歌う力士・歌手
春の会色とりどりのライト揺れ
春うらら「しゃちほこ」大関恋ダンス
※「しゃちほこ」大関恋ダンス・・・
 お楽しみ歌くらべでは横綱白鵬、日馬富士、歌手は伍代夏子、天童よしみらが参加。アイドルグループ「チームしゃちほこ」は大関照ノ富士と恋ダンスを披露した。8日に姉妹グループ「私立恵比寿中学」の松野莉奈さんが急死するショックの中、元気な笑顔で盛り上げた。(デイリースポーツより転載 )
春の会歌手力士の歌二組(ふたくみ)目 
春の会丘と鶴竜ステージに
春うらら振袖姿の女性歌手 
春うらら振袖姿の丘登場
春うらら振袖姿の丘みどり
㊟丘みどり・・・丘 みどり(おか みどり、1984年7月26日[1] - )は、演歌歌手。本名は岡 美里。身長157cm[1]。血液型はA型[1]。兵庫県姫路市出身。所属事務所はアービング。2016年6月より姫路観光大使に就任[2]。(中略)「佐渡の夕笛」作詞:仁井谷 俊也 作曲:弦 哲也 編曲:南郷 達也 [3]c/w:「雨の木屋町」(発売:2017年2月8日)(KICM-30778)(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)
春や春歌姫和装の艶姿
春の会二人で「ロンリー・チャップリン」を
㊟「ロンリー・チャップリン」・・・「ロンリー・チャップリン」は、1987年7月1日に発売された鈴木聖美 with Rats&Starの2枚目のシングル。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 平成二十九年四月十四日 金曜日
○ 二月日々折々 その十二 春意

《今回の自選代表二句と自句自解》

歌手たちのドレス・振袖に湧く春意

 よく晴れた春の日に開催された「NHK福祉大相撲」。第二部の「お楽しみ歌くらべ」にカラフルなコスチュームを着た五人組の乙女たちの「チームしゃちほこ」(略称はしゃちほこ)がステージに登場し、一挙に国技館が華やかに春めいた。そしてさらにアイドルグループ「しゃちほこ」に続いて、紅い振袖姿の女性歌手丘みどりが登場し、どこか華やいだ春らしい心持ちになった。

春めくやデュエット曲は恋の歌

 よく晴れた春の日に開催された「NHK福祉大相撲」。第二部の「お楽しみ歌くらべ」の六番手に登場した横綱白鵬と歌手の夏川りみの二人は、デュエットで「銀座の恋の物語」を歌った。より春らしい気分になった。

(二月中旬 隅田散策と第50回「NHK福祉大相撲」など その十一)
春の会歌のデュエット次つぎと
春の会歌手力士の歌三組目
春の会高安・西田三番手
㊟高安・・・安 晃(たかやす あきら、1990年2月28日 - )は、茨城県土浦市出身の大相撲力士。田子ノ浦部屋(入門時は鳴戸部屋)所属。本名同じ。身長186cm、体重177kg、血液型はA型。突っ張り、押し相撲を得意とする一方で左四つからの寄りもある。13代鳴戸(隆の里)と同じく上手捻りも得意とする。[1]好物は煮魚(特にサバの味噌煮)。入門前は野菜嫌いであったが現在では好き嫌いが無いという。[2]最高位は東関脇(2016年9月場所・11月場所)。趣味は音楽鑑賞。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)
㊟西田・・・西田 あい(にしだ あい、1988年7月14日 - )は、日本の女性歌手。鹿児島県姶良市(あいらし)出身[1][2]。 東芸エンタテイメンツに所属して芸能事務所GPRがエージェンシーしており、レコードレーベルは「クラウンレコード」で販売と流通は「株式会社クラウン徳間ミュージック販売」が担当している。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)
春の会歌手クリーム色のドレス着て
春の会西田クリームのドレス着て
女性歌手ドレス・振袖に春心  
歌手たちのドレス・振袖に湧く春意 
春の会三組目の歌手力士歌
春の会二人はマイク手に「居酒屋」
春の会次は伍代と日馬富士
春の会舞台に伍代と日馬富士
春の会四組目の歌手着物着て
春の会伍代夏子は着物着て
㊟伍代夏子・・・伍代 夏子(ごだい なつこ、1961年12月18日 - )は、日本の演歌歌手。本名、山田 輝美。旧姓、中川。東京都渋谷区出身。夫は、杉良太郎。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)
春麗和服が似合う演歌歌手
春の会二人はテレサ・テンの歌
春に聞く「時の流れに身をまかせ」
春の会五組目天童勢関
春の会ベテランの歌手ステージに
春の会ドレスの天童ステージに
春の会ふたりで「二人の大阪」を
春の会夏川・白鵬六組目
春の会デュエット最後の六組目
春の会羽織袴の白鵬関
春の会夏川りみはドレス着て
春の会夏川ラメ入りドレス着て
春の会白鵬りみとコンビ組み
春に聴く「銀座の恋の物語」
春の会夏川・白鵬「銀恋」を 
二ン月に二人で「銀恋」歌い上ぐ
春めくやデュエット曲は恋の歌


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春めく (平成29年4月13〜14日) 飯島治蝶の俳句ブログ(大人気・上位ランキング中)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる