飯島治蝶の俳句ブログ(大人気・上位ランキング中)

アクセスカウンタ

zoom RSS 星冴ゆる (平成29年4月1〜2日)

<<   作成日時 : 2017/04/01 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


◎ 平成二十九年四月一〜二日 星冴ゆる

● 平成二十九年四月一日 土曜日
○ 一月日々折々 その二十三 暖房

《今回の自選代表二句と自句自解》

宴会は床暖房の大部屋で  

 山仲間たちと、恒例の新年会を催した。自家製豚肉料理ののフランス料理店「Plus Faim」(プリュファン)で三時間越えの一次会を終え、二次会会場の柏市内の友人宅に皆で行った。友人宅の大部屋は床暖房が効いているため、暖かい。

アルバムの写真に冬のヒマラヤが  

 山仲間たちとの恒例の新年会。友人宅での二次会の席上、この冬ヒマラヤ登山をしたときのアルバムの写真を見せてもらう。

(一月下旬 山仲間らとの新年会➃)
冬の日の午後四時過ぎに店を出る
冬の夕山会の友の自宅へと
冬夕べ仲間の家に辿り着く 
冬夕べ友の家にて二次会を
二次会は床暖房の大部屋で
宴会は床暖房の大部屋で  
新年会オペラ流れる室内で
新年会流れるオペラはBGM
新年会各自室内の椅子に座す
新年会友の家にてする二次会
新年会ボトルワインのコルク抜く
お正月友の家にてまたワイン
新年会スパークリング・ワイン飲む
㊟スパークリング・ワイン・・・スパークリング・ワイン(Sparkling wine)または発泡性ワイン(はっぽうせいワイン)とは、ワインの一種。二酸化炭素を多く含み、開栓すると圧力が下がって二酸化炭素が気泡として立ち上ってくるもの。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)
新年会摘みを食みつつワイン飲む
新年会写真持ち出す山の友
新年会登山の写真勧められ 
冬灯下山岳写真アルバムに
アルバムの写真に冬のヒマラヤが
アルバムの写真に雪のヒマラヤが
冬の日にヒマラヤ登山の写真見る  
冬の宵ヒマラヤ登山の写真見る  
冬灯下ヒマラヤ登山の写真見る  
新年会ヒマラヤ登山の話聞く
㊟ヒマラヤ・・・ヒマラヤ山脈(ヒマラヤさんみゃく、Himalayan Range)は、アジアの山脈で、地球上で最も標高の高い地域である。単にヒマラヤということもある。ヒマラヤは、インド亜大陸とチベット高原を隔てている無数の山脈から構成される巨大な山脈である。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)
海外の登山の話や新年会 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 平成二十九年四月二日 日曜日 
○ 一月日々折々 その二十四 星冴ゆる

《今回の自選代表二句と自句自解》

新年会登山の話題次つぎと 

 山仲間たちとの恒例の新年会。友人宅での二次会の席上、この冬ヒマラヤ登山をしたときの写真を見せてもらう。山の話題は広がり、国内や海外の山行・登山の話題で盛り上がった。

新年会登山の話に百名山  

 山仲間たちとの恒例の新年会。友人宅での二次会の席上、この冬ヒマラヤ登山をしたときの写真を見せてもらう。山の話題は広がり、国内や海外の山行・登山の話題で盛り上がった。日本百名山を制覇した友の話から、日本二百名山へと話は、発展した。実は、登山道が整備されていない二百名山の方が、難易度が高いのである。

(一月下旬 山仲間らとの新年会D)
新年会登山の話題次つぎと  
国内の登山の話や新年会
新年会登山の話に安達太良山
新年会登山の話に八ヶ岳
新年会登山の話に槍・穂高
新年会登山の話に北岳も
新年会登山の話に富士の山
新年会登山の話に百名山  
新年会登山の話に深田久弥
㊟深田久弥・・・深田 久弥(深田 久彌、ふかた きゅうや、1903年3月11日 - 1971年3月21日)は、石川県大聖寺町(現在の加賀市)生まれの小説家(随筆家)及び登山家である。
概要[編集] 旧制福井中学(現・福井県立藤島高等学校)から第一高等学校に進み、文芸部で堀辰雄や高見順と知り合う。また山岳部員として山にも親しんだ。山をこよなく愛し、読売文学賞を受賞した著書『日本百名山』は、特に良く知られている。俳号も山の入った「九山」である。一高卒業後は東京大学文学部哲学科に進むも中退[1]。1971年(昭和46年)3月21日の登山中に、茅ヶ岳山頂直下で脳卒中のため68歳で死去。その場所には、『深田久弥先生終焉の地』と表記された石碑が立っている。「深田クラブ」により100名山を加えて200にした日本二百名山もある。(フリー百科事典『ウィキペディア:Wikipedia』より転載)
◎「深田久弥について」《治蝶の俳句の散歩道(ちょっといい話 その百八十二)》 
新年会登山話に二百名山
新年会登山の話題多きかな 
新年会健康維持の話して
新年会政治経済話して
新年会話題に都知事の小池さん
新年会話題にトランプ大統領
仲間らと話題豊富な新年会
新年会飲み食いしながら語り合う 
冬の夜に飲み食いしながら語り合う 
新年会夜八時過ぎお開きに 
帰り際友自家製の葱(ねぎ)貰う
土産に友自家製の葱(ねぎ)
宴会後見上げる夜空に冬の星
冬の夜に山仲間らと別れけり
冬の夜仲間と別れに「ではまた」と
冬の夜妻と二人で就く家路
冬の星愛でつつ妻と就く家路
帰り道眺める夜空の星冴ゆる 
手土産の袋入れネギ手に帰宅
冬の夜九時過ぎに無事自宅着く


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
星冴ゆる (平成29年4月1〜2日) 飯島治蝶の俳句ブログ(大人気・上位ランキング中)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる