飯島治蝶の俳句ブログ(大人気・上位ランキング中)

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬ざれ (平成29年3月16〜17日)

<<   作成日時 : 2017/03/16 02:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


◎ 平成二十九年三月十六〜十七日 冬ざれ

● 平成二十九年三月十六日 木曜日 
○ 一月日々折々 その七 冬の昼

《今回の自選代表二句と自句自解》

冬灯下柩納めに合掌す 

 冬の日の午前中、斎場に到着した後、火葬する前の納めの儀に、御僧侶の
読経した。遺族と参列者の焼香の後、冬の明かりのもと、柩納め。

冬の昼お斎(とき)の膳に箸つけて  

 冬の日のお昼頃、控え室にて会食。喪主と共にお斎(とき)の膳に箸をつけた。合掌。

〈一月中旬 縁者の葬儀 その五(告別式などB)〉
冬灯下荼毘に付す前僧読経
冬灯下お数珠手にして焼香す
冬灯下荼毘に付す前焼香す 
冬灯下係りは炉内に柩入れ
冬灯下柩納めに合掌す 
冬灯下納めの儀終え僧と辞す 
冬の昼納めの儀終え控え室へ
冬の昼控え室にて時間待ち
冬の日に八十分程時間待ち
冬の昼控え室にて会食に
冬の昼忌中払いの会食に
冬の昼喪主は感謝の挨拶を 
冬の昼献杯をして会食に 
冬の昼喪主と身内と会食す  
冬の昼お斎(とき)の膳に箸つけて  
冬の昼喪主と孫らと会食す
冬の昼会食中にする会話
冬の昼妻子と孫らと斎食を
冬の昼会食中に雑談す
冬の午後収骨知らせる係員
冬の午後一時過ぎに収骨室へ

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 平成二十九年三月十七日 金曜日 
○ 一月日々折々 その八 冬ざれ

《今回の自選代表二句と自句自解》

冬の午後収骨室にて骨揚げを  

 冬の午後一時過ぎに、収骨の知らせを受け、ご遺族と収骨室で骨揚げをさせて頂いた。

冬の日に遺影と位牌遺族手に 

 冬の午後ご遺族は遺影と位牌と骨壺を手にされた。

〈一月中旬 縁者の葬儀 その六(告別式などC)〉
冬の午後収骨室へと向かいゆく
冬の午後収骨室にて骨揚げを  
冬灯下故人の骨揚げ二人して
冬の午後故人のお骨を骨壺へ 
冬ざれや無常なる骨壺に入れ
冬灯下しめに喉仏(のどぼとけ)・頭蓋骨
冬灯下骨を骨壺に納め終え
冬灯下遺骨骨壺に納め終う
冬の日に遺影と骨壺遺族手に
冬の日に遺影と位牌遺族手に 
冬の日に位牌と骨壺遺族手に
冬の午後斎場より乗るマイクロバス
冬の午後バスのり向かう儀式殿
冬の午後マイクロバス乗り道戻る 
冬の日にまたセレモニーホールへと
冬の午後ホールで浄めの塩と水
冬灯遺影メモリアルコーナーに
秋灯遺影と骨壺安置され
冬の日の葬儀滞りなく終えて
冬の午後喪主は御礼の挨拶を  
冬の午後喪主・親族に別れ告げ
冬の午後想いい出胸に就く家路
冬の午後車走らせ家路就く
葬儀終え帰宅は冬の午後三時


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬ざれ (平成29年3月16〜17日) 飯島治蝶の俳句ブログ(大人気・上位ランキング中)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる